ParaDog -パラドッグ- ワンちゃんと飼い主さんのためのポータルドッグサイト イメージ
イメージ
CONTENTS
ドッグサーチ
ふれあいレポート
Dog Library
AboutDog
SpecialPage
From Dog's
携帯サイトのご案内

QRコード
ParaDog HOME

プライバシーマーク制度





ここでは、主な病気を紹介しています。
ワクチンの接種で予防できる病気ですが、覚えておきましょう。

※参考程度にご覧頂き、詳しくはかかりつけの獣医師へご相談下さい。


  狂犬病の犬、又は動物に噛まれたりし
た傷口などからウイルスが侵入し感染
します。感染後、興奮状態が続き、唾
液を流し、凶暴化します。狂犬病は人
畜共通の感染症なので、毎年1回、必
ずワクチンを接種させましょう。
感染している犬の咳やくしゃみで、空
気感染します。主にパラインフルエン
ザウイルスとイヌアデノウイルスが原
因です。感染後、咳や発熱の症状が現
れます。治療方法として、薬を飲ませ
たり機器を使い、症状を和らげます。
 

  ジステンパーとは、ジステンパーウイルスによる感染症です。感染後、発熱、食欲不振、マヒやけいれん、発作等の症状が現れ、約1ヶ月後に命を落としてしまいます。治療方法として、薬を投与して症状を抑制したりします。 イヌパルボウイルス感染症は、感染して
いる犬の排泄物や嘔吐物、又は犬に接触
した人間を介して感染します。感染後、
ひどい嘔吐や下痢の症状が現れます。治
療としては、薬を投与して病気の回復を
待ちます。
 

  レプトスピラ菌が引き起こす病気です。レプトスピラ症に、感染している動物の尿で汚染された水等が感染源です。出血型と黄疸型によって症状が異なります。治療方法として、抗生物質を投与したりします。 コロナウイルスは非常に感染力が強く、
犬を複数飼いしていると、全ての犬が感
染してしまう事がよくあります。突然元
気がなくなり、食欲不振、下痢や嘔吐の
症状が主です。治療として、支持療法で
回復を待つ方法が一般的です。
 

  イヌアデノウイルスが引き起こす病気です。この病気の症状は複数ありますが、共通している雄一の症状は40度近くの発熱です。治療には、肝臓の再生と機能の回復を促すための治療が必要です。 フィラリアは蚊が吸血する際に刺した穴
から、犬の血液中に侵入し、更に成長し
ます。増殖したフィラリアが心臓に寄生
し、血流を妨げ、呼吸困難や黄疸を引き
起こし、急性の場合には命を落とす可能
性があります。
 

  破傷風は、傷口から侵入した破傷風菌が産生する毒素により、強直性マヒをひき起こす感染症です。脱水症状や呼吸困難などの症状を引き起こし、命を落としてしまいます。治療方法として、医者では支持療法を行っています。   イヌヘルペスウイルスが原因の病気です
。現在、感染経路は明白ではありません
が、ウイルスの経口感染や、母親からの
胎盤感染によると考えられています。生
後2週間以内の子犬が感染すると、下痢
や呼吸困難の症状が現れます。
 






イメージ プライバシーポリシーリンクポリシー運営者情報サイトマップお問い合わせ
イメージ
 
About Dog TOPへ