ParaDog -パラドッグ- ワンちゃんと飼い主さんのためのポータルドッグサイト イメージ
イメージ
CONTENTS
ドッグサーチ
ふれあいレポート
Dog Library
AboutDog
SpecialPage
From Dog's
携帯サイトのご案内

QRコード
ParaDog HOME

プライバシーマーク制度





ここでは、ワンちゃんが1年に1回は接種している予防注射(ワクチン)について説明しています。

※参考程度にご覧頂き、詳しくはかかりつけの獣医師へご相談下さい。

 生まれてまもない子犬の体を守るため、母犬の初乳には免疫が含まれています。これは
出産後3日間に出る母乳です。
 子犬はこの間に母犬の初乳を飲むことで、伝染病に対する免疫を体にとり入れます。これ
を母子免疫といいます。
 この免疫は生後50〜60日頃から減少し、なくなります。そうすると免疫がなくなるので、
病原菌に感染するとすぐに発病してしまいます。そうならないようにワクチンを接種します。
 しかし、母子免疫がなくなる時期は子犬によって違います。母子免疫が残っているのにワ
クチンを接種すると、免疫がワクチンを敵とみなし、体外に排出してしまいます。
 そこで、その予防策として、3ヶ月目に2回目のワクチン接種を行います。
 獣医師と相談して、適切な時期にワクチン接種をするようにしましょう。
子犬のワクチン接種は、さまざまな病原菌から子犬を守ります。とくにワクチンでしか防げ
ない病気があるので、ワクチン接種を忘れないようにしてください。
 また、ワクチンは約1年で効果がなくなります。2回目の予防接種から1年後に、再び予防
接種を受けます。以後1年に1回、必ず追加接種をしましょう。


 ワクチンには種類があります。色々な病原体に対するワクチンを混合して作っているので、混合ワクチンと呼ばれています。
 犬の体質や生活環境によって必要なワクチンが異なるので、かかりつけの動物病院に相談
して接種を受けましょう。
 また、予防接種ではありませんが、フィラリア症予防の薬を飲ませることも必要です。
フィラリア症はフィラリアという寄生虫が犬の体内に寄生する病気で、蚊に刺されることで
感染します。寄生する数が増えると心臓病を引き起こし、死ぬ場合もあります。蚊がではじ
める時期に予防薬を飲ませておけば、蚊に刺されても感染しません。
 フィラリアの予防薬はワクチン接種と同じぐらい重要な予防手段です。

 ・ジステンパー
 ・伝染性喉頭気管炎
 ・伝染性肝炎
 ・ケンネルコフ
 (パラインフルエンザ)
 ・パルボウイルス感染症

 ・ジステンパー
 ・伝染性喉頭気管炎
 ・伝染性肝炎
 ・ケンネルコフ
 (パラインフルエンザ)
 ・パルボウイルス感染症
 ・レプトスピラ症
 (カニコーラ型)
 ・レプトスピラ症
 (ヘモラジー症)

 ・ジステンパー
 ・伝染性喉頭気管炎
 ・伝染性肝炎
 ・ケンネルコフ
 (パラインフルエンザ)
 ・パルボウイルス感染症
 ・レプトスピラ症
 (カニコーラ型)
 ・レプトスピラ症
 (ヘモラジー症)
 ・コロナウイルス感染症


 予防接種の中には、法律で義務づけられているものもあります。
狂犬病の予防接種です。生後91日以降に狂犬病の予防接種をおこない、市町村役場に犬を
飼っているという畜犬登録をしておくと、以降は予防接種の通知が届くようになります。
 集団接種の場合もありますし、委託された動物病院でおこなうこともあります。
 現在、日本で狂犬病を発症した犬はいません。しかし、海外から数多くの動物が輸入され
ているので、狂犬病が絶対に発生しないとはいいきれません。犬だけでなく、アライグマや
コウモリも狂犬病ウイルスを運びます。
 また、狂犬病は人もかかる病気です。発症すると数日で死に至ります。必ず接種を受ける
ようにしましょう。

「しぐさでわかる愛犬の健康と病気」竹内ゆかり著 (株式会社主婦と生活社)より引用




イメージ プライバシーポリシーリンクポリシー運営者情報サイトマップお問い合わせ
イメージ
 
About Dog TOPへ